ブログ

珈琲 資格 鑑定士 Qロブスタグレーダーコース  ~Sample Roast ID/サンプルローストアイディ~

珈琲&スイーツの店 カヒアン アトリエのオーナー れいこです。

珈琲の世界では日本では数少ない、豆の国際珈琲鑑定士 勉強しています。
その内容を載せていきたいと思います。

Qグレーダーとは

Qアラビカグレーダー
Qロブスタグレーダー
の2種類あります

CQI(Coffee Quality Institute)が認定した
アラビカ種またはロブスタ種のコーヒー豆の品質を評価する
国際的に認知された珈琲鑑定士です 

Qグレーダーは「カッピングフォーム」を使用し項目別に
コーヒー豆の品質を評価します

カッピングフォームの役割

・生産者は適正な価格で販売することが出来るため
(良いコーヒーは高額で販売可能)
より良いコーヒーを作ろうという意識向上や、収入の安定につながります
・購入者はコーヒーの特徴を確認・適正価格を判断することが出来ます
・国際的な基準で評価された鑑定結果を共通言語として
コーヒー関係者が適正な判断をすることが可能になります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コーヒーの魅力を知るだけでなく
表現力・判断力を学びたい
知らないコーヒーに出逢いたい

そんな思いからコースを受講しました
Qアラビカグレーダーは2020年に取得
Qロブスタグレーダーは取得に向け勉強中です(2021.1現在)

Qロブスタグレーダーって
どんな資格なの?どんなことするの?と気になった方に
少しでも伝わるものがあれば幸いです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sample Roast IDは基準のロースト
それ以外のローストの違いを見分けます

Qロブスタグレーダーコースでは

基準ロースト、ライトロースト、ベイクドロースト、ダークロースト、ファストローストの5種類を比較します

見た目…色、大きさ、シワなど
粉砕時の…重い音、軽い音などや粉の香り、色など
注湯時…見た目、香り、膨らみなど
…カッピングに適したローストを確認する

講習・試験を通して感じたこと

ローストの違いで同じコーヒーでも状態・味わいにかなりの差が出ることを確認出来ました

基準ロースト…コーヒーの個性が引き出され色々な味わいを感じ
カッピングに最適なことが分かります

ライトロースト…浅い状態なのに酸味は少なく(一般的に浅煎りは酸味が強いと言われている)青臭さ、大豆のような香り

ベイクドロースト…乾パン、麦のような味と香り

ダークロースト…苦味が強く後味が良くない

ファストロースト…酸味・苦味が混在していてバランスが良くない

Sample Roast IDは以下に役立ちます

カッピングする際に使用する適正なローストの判断が可能になる
鑑定でローストする際の基準を身に付ける

コーヒーの良さを引き出す焙煎を考えるためにもとても参考になる

試験では6個の(2個は同じロースト)トレイに入った検体(種類)を
上記の通り状態や味わいを確認しながらその検体がどのローストなのかを答えます

私は基準ローストとベイクドローストの見た目の判別が難しく感じました

JCE熱海ラボでは自主練習用として5種類のサンプルを受講生に分けて下さったので
復習としてトレーニングすることが出来ました

どの科目も初めて経験することばかりなので
復習や自主練習出来る環境・サンプルをご提供頂けることは
本当にありがたいです

余談ですが…休憩中にみんなで食べるご飯も楽しみのひとつなんです

嗅覚・味覚をトレーニングしているメンバーと食を共にすると
思いがけない感想を聞けたり発見があったりします

焚火&ダッチオーブンで昼ご飯
タイミングが良ければ(?)
アウトドア気分も楽しめてしまうんですよ

関連記事

ページ上部へ戻る